こんなやり方、本でも雑誌でもインターネットでも

見たことありませんでした!

こんなに簡単に儲けられるなら、もっと早く知りたかった!

デイトレは難しい、長期保有は怖い。じゃあ一体どうすればいいの?

今、オンライントレードがブームです。昨年来の日経平均の上昇に加え、証券会社の手数料値下げ競争は加速しています。デイトレードを始める人も増える一方。あなたの周りにも、儲けの体験談に刺激され、にわかに証券口座を開いたデイトレ初心者の方が多いのではないでしょうか?

でも、ちょっと待ってください。確かにインターネットやテレビ、雑誌では、資産を何億にもふくらましたデイトレーダーたちが何人も紹介され、「株で儲かったので、マンションを現金で買った!」だの「あまり儲かるので、会社を辞めてデイトレーダーになります」といった景気のいい記事であふれています。

では本当に、デイトレをやっている人間は、みながみな、儲かって儲かってしょうがないウハウハ状態なのでしょうか?

違います。本当はデイトレードの世界では、損をしている人間の方が圧倒的に多いのです。しかし損をしているデイトレーダーの話はあまり表に出てこないので、みんな気が付かないだけです。本当の勝ち組は、10人に1人、1割程度といわれています。

デイトレは、手軽なイメージからか手を出す人が多いようですが、実際にはトントンならまだまし、日々じりじりと損失をふくらませている人をよく見かけます。

そればかりか、デイトレードのはずが、含み損を抱えた株を「そのうち上がるさ」と勝手な解釈で放置してしまう。いわゆる“塩漬け”です。このような状態に陥っている人が何と多いことでしょう。

もっとも昨年までのイケイケ相場なら、これでも確かに儲けられたかもしれません。しかしさすがに、日経平均の上昇基調も鈍りつつあります。またライブドアショックを見ればわかるとおり、暴落は必ずやってきます。そのときに、今までの儲けを吐き出してしまったのでは何にもなりません。

デイトレは難しい、長期保有は怖い。じゃあ一体どうすればいいの?





    ・・・続きを読む
posted by デイトレードブログ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。